読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今朝も4時から

音楽とかの趣味の話をつらつらと

【自作エフェクター】sweet honey od4

ケース加工です。

f:id:jet815:20150813100617j:image

全面にマスキングをします。
傷をなるべくつけないようにします。

f:id:jet815:20150813100841j:image

穴位置を決めます。
部品の干渉とかを考えて決めます。
今回は基板が若干大きくなった+電池入りなのでDCジャックは右側にあります。
DCジャックは上の方が使いやすいんですけどね。

穴位置はマスキングテープ上に書いています。
CADで書いて紙を貼るのもありですが、隙間に削くずが入ってケースに傷がつくのと、案外紙がずれます。

f:id:jet815:20150813101117j:image

ポンチを打った後に電動ドリルで穴あけ。
3mmで下穴をあけて、6mmまでドリルで開けます。
穴位置は下穴で決まるので慎重に。
電動ドリルを使うコツは脇を締めて、上半身をケースと水平にする感じで。わかりづらいですね。

f:id:jet815:20150813101437j:image

リーマーで穴を広げます。
フットスイッチとフォンジャックは大胆に、ボリュームは繊細な力加減で開けます。

f:id:jet815:20150813101926j:image

最後にLED穴の調整です。
4mmで穴あけ後に、リーマーなどで慎重に広げては現物あわせを繰り返します。

LEDはケースに取りつける前に配線をハンダ付けしておきます。

f:id:jet815:20150813102027j:image

こんな感じです。

ケース加工は完了です。